Top >  キャベツダイエットの方法 >  キャベツの食べ方

スポンサードリンク

キャベツの食べ方

キャベツダイエットのキャベツの食べ方

キャベツダイエットの場合、キャベツは生で食べるのが基本です。
千切りやザク切り(5センチ角)にした生のキャベツを葉っぱ1〜3枚、1/6玉程度、(食べられる量で)毎食前に10分くらい時間をかけて、良くかんで食べます。

キャベツはマヨネーズや油の入ったドレッシングはできるだけ避けて、しょうゆ、ソース、レモン汁、酢、塩、胡椒、ポン酢、ノンオイルドレッシングなどと合わせて食べましょう。
たまにはオイルもOKです。胡麻油と塩などでも良いですね。
もちろん何も味付けしないで食べられれば一番効果的です。

しかしながら、普通はキャベツを生でモリモリは食べるというのはなかなかできませんね。

毎日毎日生のキャベツを食べると飽きるのは当然です。
大切なのはきちんと続けることですから、美味しくキャベツを食べるために工夫をしましょう。

無理をしないためにも、調理してもOKです。
当サイトで紹介している蒸しキャベツも良いですし、ときには少量の油で炒めても良いでしょう。

ブイヨンを使ってスープにすると、さらに食べやすくなります。

ただし、油分や塩分を過剰に加えてカロリーの摂りすぎにならないように注意してください。
基本は生キャベツ、たまには調理して、というのを基本のルールにしてください。

  

キャベツダイエットの方法

キャベツダイエットは健康的なダイエット方法です。キャベツダイエットには効果的な方法がいくつかあります。キャベツの好きな人も苦手な人も、それぞれに無理なくキャベツダイエットをしていけるようにキャベツダイエットの方法を紹介します。どのキャベツダイエットも続けることが大事です。

関連エントリー

キャベツダイエットの基本 キャベツの食べ方 キャベツダイエットの応用 キャベツダイエットをより効果的に